世界連邦日本国会委員会の会長である衛藤征士郎氏は、コロナ禍の最中において国連創設75周年を祝し、国連と日本が今後どのように世界規模の課題に対処していくべきか、開会の辞で述べた。(2020年11月18日)

世界連邦日本国会委員会の会長である衛藤征士郎氏は、コロナ禍の最中においてこの行事を行うことの重要性を認識し、開会の辞を述べた。衛藤氏は、全ての戦争や紛争を避けることや世界の連帯への道筋を追究することなど、持続可能な人類の共存が行われる未来のために国際連合と日本は最大限力を尽くすべきだと強調した。衛藤氏は、日本が国連に加盟してから60周年をもう1つの重要な日付として言及しました。その日には、参議院が大量破壊兵器やミサイルの秘術発展やその広がり、難民・貧困問題、地球温暖化による災害の増加、新型コロナウイルスなどの感染症の拡大などの国家の枠組みを超越した問題を解決するために、国際平和構築への更なる貢献を約束した決議を行った。従って、創設以来行われてきた世界平和の創造と保持に対する国際連合の貢献に敬意を表して、日本は人類のための平和的で相互的な救済を補佐する上で先陣を切ってきたと言える。憲法における永久的な平和の追求の観念を基に、衛藤氏は、国際法の発達、核兵器の廃止などの軍縮外交、世界連保追求への方針を推進すると同時に、日本は国際機関の再構築の強化を続けることを目標としていると述べた。衛藤氏は、この目標へ動くことは意味のあることで、平和な未来を確信するための彼の責務を再確認させるものであると言及した。彼はこの理想に向かうため世界連邦日本国会委員会の会長として尽くすという意思を表現した。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です