欧州議会の副議長であるハイディ・ハウタラ氏は、世界的な課題に取り組む上での国連の役割に関する欧州議会の見解についてビデオメッセージで、国連の記念日は、これまでの成果だけでなく、平和、安全、国際法、人権の尊重にとって不可欠であると述べた。(18/11/2002)

 

欧州議会の副議長であるハイディ・ハウタラ氏は、世界的な課題に取り組む上での国連の役割に関する欧州議会の見解についてビデオメッセージで、国連の記念日は、これまでの成果だけでなく、平和、安全、国際法、人権の尊重にとって不可欠なフォーラムであることを考えると、全体として強力な国連の必要性を祝ったと述べた。欧州連合(EU)は、現在および世界的な課題に対して引き続き効果的かつ効率的に対処ししていくと述べ、「私たちは、平和と安全の促進のために、グティエレス事務総長に引き続き支援を提供することを信じています」と力説した。実際、すべての国連機関および機関にわたる国連は効果的な組織として重要であり、欧州議会は国連が政府レベルでの意見交換を支援するために日本の国会の議員が重要な役割をはたしえおり感謝の意を表明すると述べた。ハウタラ氏によれば、「国連の議会対話と支援は強化されるべきであり、総会活動の中で貴重な相乗効果を提供するべきである」ので、彼女はまたバイデン次期大統領が発表したパリ協定の米国による再参加を、国連のプラットフォームが国家、国際社会、市民の間のこれらのより大きな会話においていかに重要であり続けるかを示すものとして言及した。ハウタラ氏は、欧州議会は、「対話を継続し、多文化主義の同盟国となることを楽しみにしています」と述べ、国連内の多国間主義を中核として強調する機会を利用することを確認し発言を締めくくりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です